HOME ← 文化部Page



”文化部よりPR!”


<吹奏楽部>   定期演奏会へ        


  
こんにちは!今年、私達吹奏楽部の主な年間行事としては、春と秋に中庭で行う「庭演」、体育大会、定期演奏会、野球応援、全日本吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテストなどなど、一年を通して盛りだくさんです。その中でも定期演奏会は毎年多くの方に足を運んでいただき、お客さんも一体となつて盛り上がるものになります。本当に忙しい毎日ですが、部員全員がとても仲良く、音楽を楽しもうという気持ちがそんな日々を乗り越えていける力になっています。よりよい音楽を作るために、部員一丸となって頑張っていきます。音楽は世界共通。これからの国際人に、音楽は欠かせないものです。音楽を愛し、仲間を愛し、吹奏楽にどっぷりつかりましょう。中庭での演奏風景


<演 劇 部>



 こんにちは!演劇部です。北館一階にて騒しく…じやない、楽しく賑やかに活動しています!部員は皆、「超」個性的で、毎日何が飛び出すか分からないドタバタ劇が繰り広げられています。日々の活動としては、発声や基礎トレを中心に、校内や校外での公演に向けた準備をしています。舞台稽古や、演出や照明、音響、舞台美術などのスタッフとしての仕事を公演のごとにこなしています。これまで、私たち演劇部の公演を見て下さった方々、本当にありがとうございました。「面白かったよ」などの温かな言葉一つ一つが、私たちの力の源となりました。今後も信頼できる仲間とともにさらに「演劇」 の奥深さやおもしろさを皆様に伝えていくため、日々精進していきます!


<放 送 部>


 こんにちは、放送部です。放送部の活動を説明しよう!年に二回の全国大会に向けて、立山に向かって「生麦だの生卵だの」、「赤巻紙だの青巻紙だの」、「脱ぐだの脱がないだの」叫んでいる(発声練習)。また、体育大会で撮影したビデオでオモローなプロモーを作って東窓祭で上映したり、山奥の村にまつわるハートフルストーリーや日常の学校生活の問題点などをディレクトしたりもする (番組制作)。今回ご紹介するこの部活、これだけじゃないんです。学校行事の司会進行はもちろんのこと、あの体育大会の進行にまで携わるエリート集団?あ、オタク部じゃないですよ。そんなこんなで毎日、さわがしいですが、実際毎日が充実しています。


<学芸部>


 こんにちは、学芸部です。活動内容の紹介を兼ねて学芸部とはいったい何をしているのかという謎を解き明かしてみたいと思います。文字や絵を措くことで自己表現とし、部誌上で発表しています。月一回『東雲』、季刊誌として『こいでん』を発行しています。教室や図書館においてあります。また東窓編集委員の新聞班とともに学校新聞の制作にもあたっています。それぞれがペンネームを持ち、気ままに自分の世界を表現できる部というのはなかなかないと思います。小説家、詩人、イラストレ一夕ー、絵本作家、新聞記者、ジャーナリストなど希望される方にはもってこいの部だと思います。そんなに構えなくても気楽に参加できる部なので是非部室をのぞいてみてください。楽しいですよ。思うままに白い紙を自分色に染めてみませんか。



<茶道部> 茶会1 茶会2

 
 私達、茶道部の主な活動はお点前やお運びの練習です。道具の名前を覚えることや、お手前の動作は最初は難しく感じるかもしれませんが、先生が丁寧に敢えてくださるのでどんどん上達することができます。茶道だけでなく人としての礼儀や心配りなども身に付きます。 普段は発表などの機会はあまりなく練習が中心の活動ですが、年に一度お客さんを招いてお茶会を開いています。

 


<美 術 部>

 こんにちは、美術部です。私たちの活動は、デッサンや油絵を措くこと以外にも、粘土や石こうなどの立体作品をつくることもあります。天気の良い日は中庭で写生することもあります。大きな行事として、夏の合宿や青少年美術展、高校文化祭への出品などがあります。ちなみに昨年の夏の合宿は妙高高原に行き、自然豊かなところで油絵を措きました。滝を見にいったり、他のまわりを散歩したりしてとても楽しく充実した合宿となりました。また、郊外活動として、陶芸体験を行うことだってあります。部の雰囲気は、かた苦しくはなく、和やかな部です。



<写 真 部>

 「写真」を『芸術』として、それぞれの内に秘めた創造性や感性を豊かにしまた、写真を撮ったり見たりすることで、世界を新たな視点で見ることを目標としています。芸術作品としての写真を撮るということは、構図や被写体の選択。一番活きる瞬間を見切るなど、とてつもなく大変です。しかし、それを続けることはとても楽しく、自分の納得する写真を撮れた時は体中を駆け回る満足感や達成感を得られます。僕たち写真部はお互いを尊重し、助け合いながら活動します。毎日の部室からの笑い声ならどの部活にも負けません。活動としては、みんなで動物園や海に行って撮ったり、学校を回り生徒のいきいきとした表情を撮ったりします。また、全国で開かれるフォトコンテストに参加したり、高校生の大会である高文祭に出品することで自分を磨きます。真部では、各自で好きな時、好きなだけ撮影をしては、暗室での現像を繰り返しています。こうした中で個性的な作品がどんどん出来上がり、自信作を高文祭などのコンクールに出品しています。

 デジカメでもOKですよ!


<家 庭 部>

 昨年は東窓祭という大きな行事もあり、みんな自分の作品を仕上げたりなど、準備を頑張っていました。作った作品は、フレンドシップキルト、ぬいぐるみ、リース、エプロンなどで、思った以上に時間はかかったけれど、満足できる仕上がりとなりました。また、東窓祭の当日
には、TEA ROOMを開いて、作品展示とともに、お茶とお菓子の販売をしました。予想以上の人数の方に来ていただき、普段はできな
い貴重な体験になりました。忙しかったけれど、とても充実した二日間でした。東窓祭が終わってからは、パンプキンパイ作り、シュシユ、MYバック作りをしています。これからも、いろいろ学んだ経験を生かして、新しいことにどんどん挑戦していきたいと思います。
 


<合 唱 部>  定期演奏会へ          全国高文祭映像     

 みなさんこんにちは。合唱部です。まずは、合唱部の年間行事です。四月の新入生歓迎コンサートに始まり、定期演奏会、全国NHK学校音楽コンクール、文化部発表会、高文祭、ベートーベン作曲の第九、室内コンサート。こんなに盛り沢山で活動しています。女子と男子のバランスが悪いですが、ソプラノ、アルト、テノール、バスの四声が奏でるハーモニーは素晴らしいのです。あなたも、私たちと一緒に四声のハーモニーを作りませんか。

 



<書道部>

  

 私たちは週2回書道室で活動しています。人数が少ないながらも一生懸命に取り組んでいます。おもに高文祭や青少年美術展に作品を出展しており,中学校では経験できない本格的な書道ができます。書道というと堅苦しいとか、肩がこるとか思われがちですが、そんなことはありません。大きな紙に少し崩した漢字を一気に書き上げるのは、一種の爽快感があり、ストレス解消にもなります。部員はとても仲がよく、みんなで頑張っています。

 


 <英 語 部>


 ALTの先生を囲んで、音楽や映画についての話をしたり、イギリスの話を聞いたり、映画を見たり、ゲームをしたり、お菓子を作ったりもします。また、秋にある英語プレゼンテーションコンテストにも参加したりします。メンバーの中から「自分が変わった気がする。」、「外国人の人と話す度胸がついた。」という声も聞こえてきます。Hi!の一言で、何だか嬉しい気持ちになれます。新しい自分を発見できる素晴らしいクラブです。皆さんも一緒に活動しませんか。

 



ホームページへ