HOME ← 校長あいさつ



<校長 あいさつ>


「理想や目標の実現に向けて」

 本校は、普通科単独校として昭和37年4月に開校され、今年度(平成29年度)第56年目を迎えた伝統校です。校訓の「高きを求め 誠に生きん」は、高い理想や目標を掲げ、その実現に向けて、誠実に生きていく決意を表しています。

 生徒は、勉学はもちろん学校行事や部活動などにも熱心に取り組んでいます。自分の理想、目標を実現するため、ほとんどの生徒が大学への進学を希望し、勉学に励んでおり、難関と言われている大学へも多く進学しています。また、運動部、文化部とも活発な活動をしており、毎年、全国大会や北信越大会へも出場・参加しています。昨年度は、野球部が、選抜高校野球大会21世紀枠の北信越地区の代表に選出されるなど多くの部の活躍が光りました。

 平成9年度より本校の特徴ある取り組みとして、身近な自然科学の課題について、観察や実験・実習などを柱として、科学的・総合的に学習する自然科学コースを設けました。自然科学探究や課題研究などの特色ある専門科目の設置や筑波大学等での実習・研修を通し、将来科学の世界で活躍する人材を育てています。

 また、平成26年度より、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市への海外研修を行い、英語による自己発信力の伸長や語学留学生との意見交換や異文化交流による国際性の涵養、世界トップレベルの大学等への訪問を実施しています。将来の進路への高い志を持たせ、グローバル社会で活躍する人材を育成することを目的としています。

 中学生の皆さんには、理想や目標の実現に向けて、本校で充実した高校3年間を過ごしてもらいたいと考えています。私たち教職員は、皆さん一人ひとりに対して、全力で向き合うので、ともに頑張りましょう。


富山県立富山東高等学校
 校 長 中 ア 健 志 

 







ホームページへ