HOME ← 教育方針





    


新校舎落成式  昭和40年5月14日(創校記念日)



 
昭和四十年五月十四日、校舎が竣工し、落成式典が催された。この日をもって創校記念日とする。 本校の取り組むべき当面の問題点として、学校課題「可能性にいどむ気魄の育成」が設定され、生徒の柔順だが気の弱そうな面の打破をめざした。 
 その目的の実現のため四十年九月十七日から十九日にかけて、第一回の「東窓展」が開催された。 また、先生と生徒が一つ屋根のもとで寝食をともに語り合う「地理・地学巡検」も四十二年より行われた。同じく、生徒が自らを鍛える気概を持つことをねらいとして、第一回強歩大会が行われた。そして、開校五周年記念行事としての「東窓展」も開催され、食堂、部室も竣工した。 
 部活動においては、開校以来わずか五年にして、バスケットボール部の男子がインター八イに出場するという快挙を成し遂げ、「可能性にいどむ気魄」の発露として、本校生徒の大きな励みとなった。





沿革へ