HOME ← 課題研究(H15年度) → 自然科学コース
ME ← H15年度課題研究発表会 → 自然科学コース








課題研究発表会の様子 Clic Please

 

   研究項目 〜13テーマ〜 (研究資料の写真をクリックすると資料がみれます♪)

 

 

研 究 テ ー マ &  内 容 研究資料
数 学 黄金比とフィボナッチ数

 図形的、数学的に均斉のとれた形や数値には必ずといってよいほど黄金比が成り立つことの解明。

素数

 素数をより深く調べ、実際に素数の個数を求める式では、対数とeの計算を用いて、素数がどれくらいあるかを求めることができた。
物 理 空気抵抗
       
   
 空気抵抗を知るために、空気の流れを、実際に終端速度を測定し、レイノルズ数(R)を求めた。自作シュミレーションソフトによる比較によって、空気抵抗と速度の関係をより理解することが出来た。         
電波の性質

携帯電話の電波の性質について実験により調べた。さらに電波の定常波から、光の速さなどを求めるなど、高度な実験ができた。

TOP SECRET  〜永久ゴマのヒミツ〜

永久ゴマは、なぜ止まることなく回り続けることができるのか疑問を抱いた。自分たちで、永久ゴマを作り、作動原理を調べてみた。疑問は実験を重ねていくことで、解明され、改めて、永久ゴマの不思議な力に驚かされた。
化 学 セッケンと合成洗剤

セッケンと合成洗剤とのちがいについて考えた。液性、汚れの落ち具合など、いろいろな実験をして、汚れの落ちる原理から、環境への影響を考えた。
入浴剤の効能

今まで何気なく使ってきた入浴剤について考えた。実際に作ることができ、その様々な効能がわかった。新たに生まれた疑問「どうして二酸化炭素を吸収することによって血管が拡張するのか」を解決することができ、考えていなかった結果に驚きました。

金属と酸
金属は、「柔らかいもの」から「硬いもの」、「重いもの」から「軽いもの」まで、種類は様々であり、また、それらの金属を溶かす酸にも、多くの種類がある。酸と金属のそれぞれのどのような特徴や相性があるのか。また、なぜ金属は酸に溶かされるのか調べた。
天然染料と合成染料の発色を調べる

色の正体は一体何なのか?染料をひとつの切り口として、染料と繊維の関係について発色を通して調べることを目的とした。物体の発色を調べることで、光の吸収をもとに物質の構造の同定や結合の様子が解明されることがわかった。
浸透圧
最近よく植物用の水タンクや紙おむつなどに使われている吸収性ポリマーは、浸透圧を利用した高分子化合物だということを知り、その仕組みについて知りたかったため浸透圧の実験をした。吸収性ポリマーは、浸透圧を利用した簡単な原理で機能するがその利用の可能性は大きいと考えられる。
生 物 手の菌を調べよう

身近に存在する菌の生育条件や、手を洗うことによりどれくらい繁殖を抑えられるかについて実験した。
カエルの生態について

 カエルは人工的な環境でも冬眠するのか?
冬眠せずに生きることができるのか?
体色変化に要する時間や条件は?
などの疑問点について調べるため、
実験や観察を行った。
気孔の観察

 気孔は二酸化炭素、酸素の交換や蒸散に必要な重要な器官である。種や環境の違いにより、形状に差が生ずるのではないかと考え、今回の観察を行った。

 

自然科学コースのページへ 戻る